夜明け前の

もはや徹夜でゲームをしなくなったな、っと。

BastionのMonsters 敵キャラ

Bastionに出てくるモンスター、敵キャラ。



Caelondia

Gasfella ガスフェラ
bastion-14
ツルハシのダメージが大きいので、喰らわないように。
振りかぶったら回避(AかSpace)で逃げるか、シールド(Lトリガー)でカウンターを狙う。



Squirt スクウィット
bastion-21 bastion-25
弱っちいが数が多いので、ブレーカーズ・ボウでの相性はあまり良くない。
連射のできるファングリピーターの方が良い。
また範囲攻撃のできるスクラップマスケット銃(散弾銃)なんかだと楽。

体当たりはカウンターも出来るが、たいていの場合多数に囲まれるので狙っているとボコられる。
連続でボコられた場合、回避で逃げるべし。



Scumbag スキャムバッグ
bastion-22
攻撃を加えるたびに縮んでいき、最後には消滅する。

吐き出す粘液は直接ダメージだけでなく、地面に残ったあとや、
コイツが移動した後の青いアトでもダメージを受けるので注意。
体当たりや吐き出す粘液は盾でカウンター可能。


上記「Gasfella」、「Squirt」、「Scumbag」の3体は同じ「Windbags」という種族。
言われてみれば目元が同じですね。



Security Turet セキュリティタレット
Blue 青い弾1発
Red 火炎放射
Green 青い弾5発
Copper 紫の弾3発
Yellow 紫の弾1発 弾をシールドで弾くと厄介。
bastion-27  
bastion-28
砲台。
エリアでは空中に浮かんだ台座に居ることが多いので
基本的な倒し方は、遠距離攻撃か弾を盾ではじいてのカウンターになるが、
「Yellow」の吐くゆっくりと追尾してくる紫の弾は、カウンターしても敵には返っていかず、加速しながら付きまとってくる。
この弾に触れると大ダメージ(初期なら1発KO)なので、「Yellow」はカウンターではなく遠距離攻撃で倒すべし。

後ほどUraのエリアにはビームを放つ「Super Blue」も出現。



Mechanical Pyth メカニカルパイス
Bastion_2016_17.png
ロデオマシーン。
盾でブロックするか逃げ回っておいて、動きが止まったら攻撃。





The Wild

Pecker ペッカー
Bastion_2016_06_07_00_36_35_923.jpg 
鳥。
集団でまとわりついたり逃げたりする「小ペッカー」
Kidにつかず離れずに羽根飛ばしてくる緑の「中ペッカー」
攻撃力が高く、素早く何度もぶつかってくる「大ペッカー」

基本的にはファイアーベローズやスクラップマスケット銃が有効。
「大ペッカー」は連続でつつかれがちなので、
うまいこと盾で防いでカウンター。
もしくは回転で逃げて遠距離攻撃がいいか。


ペッカーは「アイドル」バキバキにキメている状態だと強敵。



Wallflower ウォールフラワー
Blue
Black
Green
Pink
Yellow
bastion-24
花が閉じている間は攻撃を受け付けない。
基本的にはカウンターか遠距離攻撃で倒すのが良い。

また、ファイヤーベローズ(火炎放射器)や、
アップグレードしたセイルハンマー、ブラッシャーズパイクなどでは
攻撃無効の状態でもダメージを与えられる。



Pincushion ピンクッション
Purple
Grey
Green
Blue
Bastion_2016_14.jpg 
 Bastion_2016_15.jpg 
 Kidを狙ってトゲを吐く奴と、常に八方からトゲを出す奴がいる。
カウンターよりもトゲ吐くのが止まる隙に遠距離攻撃やブラッシャーズパイク(槍)での攻撃が良い。



Stinkweed スティンクウィード
 Bastion_2016_13.jpg 
吐き出す胞子に触れると視界が悪くなる。
 Bastion_2016_12.jpg 
この胞子は盾でのブロックは出来ない。




Lunkhead ランクヘッド
bastion-15
正面からの攻撃は受け付けないので、飛び上がった隙に後ろへ回り込み攻撃する。

また、ファイヤーベローズ(火炎放射器)や、
アップグレードしたセイルハンマー、ブラッシャーズパイクなどでは
攻撃無効の正面からでもダメージを与えられる。
倒した後の落下物にも注意。



Bootlicker ブートリッカー
bastion-18
Mr.達磨落とし
吐き出す瘴気に触れると身動きが取れなくなる。



Stinkeye スティンクアイ
bastion-17
正面に向かい合っている間は目を閉じて動かず、攻撃もほとんど受け付けないが、
後ろを向くと、目を開けて追ってくる。
倒し方は、後ろを向いていて、振り返ってすぐ攻撃。
ファイヤーベローズやスクラップマスケット銃とかだと楽。



Lungblossom ラングブロッサム
bastion-16
先に周りにいるBootlickerなどを倒すべし。
周りに出る敵は後からも湧いてくるので、あまり突っ込んでいかずに遠距離攻撃が良い。
図体がデカいだけで、コイツ自体はたいしたことは無い。

後ほど攻撃方法が別の奴も出るが、どっちにしろ攻撃パターンは読みやすい。



Anklegator アンクルゲーター
Bastion_2016_11.jpg  
ジョーズ。
地面の中を徘徊していて、Kidが近づくと飛び出し、跳ね上げてくる。
地面に潜って鼻先だけ出しているときはダメージを与えられない。

近くによって、飛び上がってくるタイミングで回転で逃げ、すぐさま攻撃。
ダメージを与えていくと動くスピードが速くなるので、攻撃速度の速い武器がいい。






The Ura

Rattle-tail ラトルテイル 
Bastion_2016_23.jpg 
地面に潜り、岩を上空に発射。
地面の中にいる時はダメージを与えられない。
また、上から降ってくる岩は盾で防御できない。
サイズは大と小がいる。

降ってくる岩を回転でかわしつつ、出てきたところを叩くのがいいが、
チョコマカと動き回るので、攻撃速度の遅くて射程の短い武器だと当てづらい。
攻撃速度の速い中~遠距離武器が良い。



Security Turet セキュリティタレット
Super Blue ビーム
Bastion_2016_06_14_22_50_15_455.jpg
ビームを発射する砲台。
このビームはカウンター出来ない。



Ura Warrior ウラウォーリアー
Bastion_2016_20.jpg
Bastion_2016_06_14_22_50_42_542.jpg  
ウラの戦士。
種類は
なぎなた(ハルバード)持ってる奴、剣(シミター)持ってる奴、ピストル撃ってくる奴、クロスボウ撃ってくる奴(毒効果を持つ奴も)
といろいろいる。

それぞれの手持ち武器によって着ている着物の色が違う。

テレポートのように移動し、一気に間合いを縮めてきたり、攻撃を与えると遠くへ逃げたりと、素早い動きが厄介。
盾で攻撃をブロックをしつつ、その合間に攻撃するのがいい。
ただ、毒クロスボウは盾を貫通するみたいなので注意。

もしくは強力な遠距離攻撃で先手必勝。
出来るだけ1体ずつ相手にしたい。

突っ込んできたところに攻撃を加えると、カウンターのようになり大ダメージを与えられる模様。


「何とも言えない所」(Who Knows Where)の歴史書(History Books)のステージに出る
ベージュ色の着物を着て大きいハルバート持ったUra Warriorがおそらく最強の敵。
(本編のラスト近くにも出てくるけど違う奴かな?「何とも言えない所」の方が強い。)

普通のハルバート持ちかと思って戦うと大ダメージを食らう。



関連記事
スポンサーサイト



PR
カテゴリー

openclose

広告
最新記事
検索フォーム
プロフィール

ゴマメ

Author:ゴマメ
最近気づいたこと
Steamやブックオフなどで、安いと思って
数百円で買ったゲームほどやらないな。
今になってようやく。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR