夜明け前の

もはや徹夜でゲームをしなくなったな、っと。

OPLでUSBメモリに入れたPS1ゲームをプレイ

プレステ2でPS1ゲームをディスクレスで遊ぶ方法。

USBメモリにゲーム入れて
それをOpen PS2 Loader(OPL)でリストアップ。
DSCF6196.jpg

なお、行うにはメモカブート(FMCB)などができる環境が必要です。

あとゲームROMの違法ダウンロードはだめですよ


手順としては
1,Open PS2 LoaderをELFが扱えるOPL Daily Buildsにアップデート
2,POPStarterインストールセットやPOPS_IOX.PAKをダウンロード
3,ゲームイメージのbin+.cueを.VCDに変換
4,POPSTARTER.ELFをリネーム
5,conf_elm.cfgで設定
6,これらをUSBメモリに配置
7,OPLで設定して使えるようにする
ってな感じ。

それと、
8,カバーアート
9,互換性を高めるCompatibility modes
10,マルチディスクの入れ替え方法
とか。

ちなみに、OPLのリストを使わずに
uLaunchELFで直接PS1ゲームを実行するのならば
2,3,4,6だけでいいです。


amazon Ad

1,OPLをOPL DBにアップデート
こちらからOPL Daily Buildsをダウンロード
http://www.ps2-home.com/forum/viewtopic.php?f=13&t=3
解凍したフォルダ名をOPLに変更。

USBメモリにこの”OPL”フォルダをコピー。
PS2に挿してメモカブート(FMCB)。

uLaunchELFでOPLフォルダ(mass:/OPL)を選んでR1を押してコピー。
メモカ(mc?:/)にあるOPLフォルダを上書き。
OPLフォルダ内の"OPNPS2LD.ELF"でアップデートされたOPL起動。

FMCBのOSDメニューから起動させるには
FMCB configuratorでOPLの実行ファイルを"OPNPS2LD.ELF"に変更。

DB版だと+OPLパーティションが作成されないかも?なので、
HDD初回接続時には通常版のOPLを起動して
+OPLパーティションを作ると良い。



2,POPStarterインストールセットとPOPS_IOX.PAKをダウンロード

POPStarter_Quickstarter_Pack_HDD__2017_01_10
https://bitbucket.org/ShaolinAssassin/popstarter-documentation-stuff/wiki/quickstart-hdd

POPS_IOX.PAK
http://sharemods.com/d2j63q9v5de2/POPS_IOX.PAK.html
(古いバージョンのPopsStarterではPOPS.PAKとPFS_WRAP.BINを使用)

DLしたら解凍。

上記以外にも、探せばVer違いや、パッチやアプリが同梱されているのとかがあるので
色々試してみるのもいいと思いますが、
Verの組み合わせによってはうまく動作しないかもしれないので、
基本的にはパックに入ったもので揃えるのがいいです。



3,PS1ゲームを.VCD化
まず、ImgBurnなどを使ってPS1ゲームを.bin+.cueでイメージ化。
その後、上記POPStarterパックの中にある
CUE2POPSアイコンに.cueファイルをドラッグ&ドロップ
popsps2-1.jpg
(同じフォルダに入れているが別フォルダでOK)

しばらくすると.bin+.cueと同じところに.VCDファイルが出来ている。
エラーが出て失敗する場合は、もう1回ゲームをリッピングしてみるとか。



4,「POPSTARTER.ELF」を「gamename.ELF」にリネーム
POPSTARTER.ELFは上記POPStarterセットに入っているのをコピーして使用。
gamenameはVCDのファイル名と同じに。

リネームは内蔵HDD用、USB用、SMB(ネットワーク)用で少々名前が変わる。
例えば、
Alundra2.VCDならば
内蔵HDD用が「Alundra2.ELF」。
USB用では「XX.Alundra2.ELF」というようにXX.が前につく



5,コンフィグファイル作成
conf_elm.cfgという名前のテキストファイルを作り、メモ帳で開く。
例として

Alundra2=mass0:/POPS/XX.Alundra2.ELF
Legend of Mana=mass0:/POPS/XX.LegendofMana.ELF


のように書いて保存。
前のゲームタイトルがOPLでの表示名で、=以下が.ELFファイルの場所指定。
ゲーム追加するときは、1タイトル1行で追加していく。



6,USBメモリに配置
USBのルート(最上位)に「POPS」フォルダを作り、
中にゲームファイルの「gamename.VCD
とELFファイルの「XX.gamename.ELF
と「POPS_IOX.PAK」を配置。

conf_elm.cfg」をUSBのルートに配置。

(例)
mass:/POPS/POPS_IOX.PAK
mass:/POPS/Alundra2.VCD
mass:/POPS/XX.Alundra2.ELF
mass:/conf_elm.cfg


もしこれでうまくいかない場合は、.ELFをルートに置いて、
conf_elm.cfgの設定も書き換える。



7,OPLで設定
上記全てを入れたUSBメモリをPS2に指してメモカブート(FMCB)
Open PS2 Loader DBを実行して、
Setting>
USB device start mode
ELF Loader Menu display modeAuto
設定を保存(Save changes)して一旦終了(Exit)。
再びOPL起動してゲームリスト表示画面で左右を押して
ELF Loader Menuからゲーム起動。



起動しない場合
ファイル名や配置が正しいのに起動しない場合は
ELFファイルをデバッグモードにしてから起動してみる。
https://bitbucket.org/ShaolinAssassin/popstarter-documentation-stuff/wiki/debug-mode
問題のあるところで停止するのでどこが間違っているかわかる(かも)
DSCF6198.jpg

そもそもCompatibility listsで起動しないとあるのは無理だろうけど。
https://bitbucket.org/ShaolinAssassin/popstarter-documentation-stuff/wiki/compatibility

起動率はだいたい80%程度のよう。
起動しても一部エフェクトが乱れたりするのもあるので、なかなか実機のようには行かないかも。



8,カバーアート
フロントカバーだけ
ファイル名とサイズ
XX.gamename.ELF_COV.jpg
gamename.ELFは上記で作成したのと同じ名前。
JPEG以外にPNGも使用可。
サイズ140X140

これをUSBメモリのルートに作った「ART」フォルダに置く
(例)
mass:/ART/XX.gamename.ELF_COV.jpg

OPLのディスプレイセッティングでカバーアートを表示させる。



9,Compatibility modes
互換性パッチ
Compatibility modeのファイルは
上記とは別のPOPStarterセットに入っている場合もあるし、
こちらcompatibility mode archiveからもDLできる。

解凍した中のPATCH_X.BINのうち、適用するものを
VMCフォルダ(ゲーム起動時にメモリーカードファイルが作成されるフォルダ)にコピペ。

どれを適用させればいいかはCompatibility listsで確認。

(例) パッチ0×02と0×04を適用の場合。
mass:/POPS/LeOfMana/SLOT0.VMC
mass:/POPS/LeOfMana/SLOT1.VMC
mass:/POPS/LeOfMana/PATCH_2.BIN
mass:/POPS/LeOfMana/PATCH_4.BIN


特定のゲームの場合には
こちらgame fixes archiveからダウンロードしたTROJAN filesを上記と同じように配置。

他のやり方としては、CHEATS.TXTに書き込むことでも適用可。
https://bitbucket.org/ShaolinAssassin/popstarter-documentation-stuff/wiki/special-cheats
CHEATS.TXTはVMCフォルダに置くとそのゲームで有効。



10,マルチディスク
POPStarter OBT 15以降、複数枚ディスクの入れ替えに対応。

DISCS.TXTという名前のテキストファイルを作り、メモ帳で開く。

入れ替えるディスクのファイル名を拡張子.VCDごと、1タイトル1行で記入。
1行目がディスク1、2行目がディスク2、でディスク4まで対応。

(例)
CHRONOCROSS_CD1.VCD
CHRONOCROSS_CD2.VCD

このDISCS.TXTを入れ替える全てのVMCフォルダにコピペ。

入れ替える場面になったら以下のホットキーで入れ替え。
「SELECT」+「L2」+「R2」+「△」 で蓋を開く
「SELECT」+「L2」+「R2」+「↑」 でディスク1に入れ替え
「SELECT」+「L2」+「R2」+「→」 でディスク2に入れ替え
「SELECT」+「L2」+「R2」+「↓」 でディスク3に入れ替え
「SELECT」+「L2」+「R2」+「←」 でディスク4に入れ替え
「SELECT」+「L2」+「R2」+「□」 でフタを閉じる


1組のVMCを全てのディスクで使用するには、
VMCDIR.TXTという名前のテキストファイルを作り、
中に共有したいゲームのVMCフォルダ名を記入。

たとえばCHRONOCROSSのディスク1のメモカを共有したい場合は、
CHRONOCROSS_CD1
と書いて、保存。
このVMCDIR.TXTを全てのディスクのVMCフォルダに配置

書いたものの、この部分はまだ試せてないので詳しくはこちらで
https://bitbucket.org/ShaolinAssassin/popstarter-documentation-stuff/wiki/multi-disc



内蔵HDD
今回はUSBメモリにゲームを置くのをやってみましたが、
内蔵HDDにゲームインストールするのも可能
(uLE_kHn.ELFを使ってのパーティション作成などちょっと難度が上がりますが)。

でもウチの薄型SCPH-70000にハードディスク取り付け改造したやつでは
なぜかOPLからのゲーム起動はできませんでした。
(uLaunchELFで直接「gamename.ELF」を実行するのはOK)

薄型にHDD取り付けた場合、FHDB(FMCBのHDD版)が起動しなかったりするので、
厚型+BBユニット+HDDとは少々勝手が違うのかもしれません。


PS2ゲームとは違って、
USBメモリに入れた場合でもPS1ゲームの遅さは殆ど感じないので
それほど内蔵HDDに拘ることもないんですけどね。

HDDに入れたい場合はこちらなどを参考に
http://www.ps2-home.com/forum/viewtopic.php?t=2295


SMB(ネットワーク)は全く試してないので知りませんw

以上。

amazon Ad
関連記事
スポンサーサイト



OPL 1036_DB以降は変更になっていました。
本サイトがとても参考になりました。
標記の場合、ファイル名をOPLManagerで一括変更し、POPSTARTER.ELFを入れることでできました。
[ 2018/11/11 00:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
カテゴリー

openclose

広告
最新記事
検索フォーム
プロフィール

ゴマメ

Author:ゴマメ
最近気づいたこと
Steamやブックオフなどで、安いと思って
数百円で買ったゲームほどやらないな。
今になってようやく。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR