夜明け前の

もはや徹夜でゲームをしなくなったな、っと。

エメラルドドラゴン PCエンジン版

PCエンジンSuper CD-ROM2版のエメラルドドラゴン

900円で購入。
(このすぐ後に別の店で500円で売ってるのを見かけ、しくったなと思った次第で。
しかも背オビつきの美品。)


DSCF6013.jpg

DSCF6032.jpg



PC-9801版を子供の頃にプレイ経験があり、懐かしく思って購入したわけですが、
取説をペラペラとめくるとなんか違和感。

キャラ紹介で
アトルシャン
DSCF6014.jpg

タムリン
DSCF6016.jpg

ハスラム
DSCF6018.jpg

ファルナ
DSCF6019.jpg
と見ていくと、

ハスラムの年齢が22歳でファルナが20歳・・・・あれ?
ファルナの方が年上じゃなかったっけ?

なんかそんな記憶があるんだが。




押入れの中を探すとPC-9801版のと攻略冊子が見つかったので
引っ張り出して確認。

PC-9801版エメドラのパケ表
DSCF6023.jpg


DSCF6026.jpg

えらくシブイ。洋ゲー的デザインですね。

5インチフロッピーディスクで3枚組。5インチかー、3.5インチだったらなー

ワールドマップは入ってたものの、取説は無し。


当時のコンプティークの攻略冊子
DSCF6034.jpg

これを見ると
DSCF6029.jpg

ハスラム24歳で、ファルナは26歳となっている。

これの記憶だったのね。

コンプティークの情報が正しいかの疑問があると思うが、
これにはバショウハウス製作者と称する人のコラムも載っているので、
基本情報は確認してから記載しているものと思われます。

PCE版でもファルナの方が年上に感じる振る舞いだしなー



アトルシャンとタムリン。2人とも推定20歳。
DSCF6027.jpg

DSCF6028.jpg



今見るとキャラデザインはパソコン版の方がいいと思う。
全体的に細身で、タムリンもパソ版の方が可愛い。


当時のユーザーの傾向を考えてのことだと思うけれど、
PCE版はちょっとアニメ的なものに寄りすぎなかんじ。


バルソム&バギン
DSCF6030.jpg

DSCF6031.jpg


別の冊子にはサオシュヤントがオストラコンに弓を奪われた
経緯を描いたサイドストーリーが載っていたけど、ラストのページが無かったので、
どういう経緯だったのかはよくわからず。
DSCF6038.jpg

カルシュワルの最期はテキスト
DSCF6037.jpg




感想
演出はアニメ感がきつくてちょっとなぁと思うけれど、
ゲームの雰囲気はパソコン版に近くて良移植だと思います。

特にBGMはいいなと思いました。フィールドのジャズっぽい雰囲気も聴いてて心地よかった。

森の中を歩くのが何気に楽しい。


ゲームバランスは前半はまぁいいんだけれど、後半、大カシャ島の辺から敵が異様に硬くなり、
厳しさが増す。
終盤にはタムリンが魔法を使ってくれるかどうかが、戦闘の難易度を大きく左右する。
タムリンレーザーとか、敵全員を眠らせるジルとか。

ジルはほぼ確実に眠らせることが出来るので、戦闘が非常に楽になるのだが、
あるレベル以上になると全く使わなくなり、代わってあまり効かない
混乱の魔法ばかり使うようになるので、その境目で急激にめんどくさくなる。


ストーリー的にはドラクエ3のような終盤の展開になるのだが、
DQ3におけるバラモス討伐以降の話が、むりやりの詰め込み感がありいまいち。
マンガで言うと、全20巻のうち魔王討伐までが19巻で、
残り分厚めの1巻で最強の武器防具を得、衝撃の事実を知らされ、ラスボス倒してエンディング。
なかんじ。


アニメ的演出には好き嫌いがあるでしょうが、ゲームとしては当時のコンシューマー機では
あまり見ない独特のパソゲー感があり、楽しかったです。

以上。
関連記事
スポンサーサイト



PR
カテゴリー

openclose

広告
最新記事
検索フォーム
プロフィール

ゴマメ

Author:ゴマメ
最近気づいたこと
Steamやブックオフなどで、安いと思って
数百円で買ったゲームほどやらないな。
今になってようやく。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR