夜明け前の

もはや徹夜でゲームをしなくなったな、っと。

[レビュー]Thermaltake TR2 450W V2 GOLD PS-TR2-0450NPCGJP-G-V2

電源を新しく買いました。

Thermaltake TR2 450W V2 GOLD PS-TR2-0450NPCGJP-G-V2
www.ask-corp.jp/products/thermaltake/power-supply/tr2-v2-gold.html
のレビュー

R0012722.jpg

R0012732.jpg


2016年 5月13日発売の450W電源で、
効率が80Plus Goldだけど、ブロンズ並みの格安なお値段
¥6,525也(2016/10)



良かった所
・格安なゴールド電源。
・音も比較的静か。

ちょっとどうかな?な所
・コネクタ数が必要最低限。
・耐久性に?かも。


・おまけで、電源本体ではないが、アマゾンからの配達が
梱包されずにむき出しだった。


詳細は以下に


良かった所
格安なゴールド電源:
ブロンズ電源は5000円ほどからありますが、この値段位のもあるので、
ゴールドと考えれば安い。

消費電力的にも、使っていたブロンズ電源(HUNTKEY 風音350 350W)と比べて、
アイドルが73W→69W
負荷時(Heaven Benchmark 4.0)が133W→122W
と下がったので、ちゃんとゴールドな満足感がある。
(電気代としては微々たるもんでしょうけど)

PCスペックはコチラにSSD足したのをCPU&VGA低電圧化


音も比較的静か:
まぁ普通に静かです。
たしか、使用量が50%(225W)を越えるまでファンは最低スピードで回るはず。



ちょっとどうかな?な所
コネクタ数が必要最低限:
このTR2 V2 GOLDの 450W版は、SATAコネクタが4つで、そのケーブルが1本だけです。
4ピンペリフェラルはコネクタ3つ。

SATAコネクタは、SSD+HDD+光学ドライブを使うとすると、
3つコネクタ使用することになり、残りは1つだけ。

さらに、SATAのケーブルが1本だけというのも取り回しに苦労するかもしれません。


うちの普通位のATXサイズPCケース(電源上置き)の場合、
SSD1台+HDD1台+光学ドライブ1台(5インチベイ1番上)での接続はOKでしたが、
もう1台HDDを増設する場合には、光学ドライブの位置を変えないと届かないと思います。

延長ケーブルか、ペリフェラル→SATA変換ケーブルでもあれば別ですが。

そういう意味では、もう少し小型なPCケース向きかな?とは思います。


あとコネクタの形状はL字型(逆L字?)です。個人的にはストレート型が良かったな。
R0012734.jpg



500Wバージョンになると、SATAコネクタが6つで、そのケーブルが2本(3+3)になるので、
HDD3台ぐらいある人は、この500Wバージョンにした方がいいと思います。




耐久性に?かも?:
耐久性はまだ買ったばかりなので、何とも言えないのはそうなんですが、

ファンの隙間から覗いてみた所、1次側の大きいコンデンサがTEAPOの85℃品でした。
R0012725.jpg
はっきりとは写ってないけど、TEAPO製

TEAPOは台湾メーカーで、それほど悪くはなさそうですし、
発熱の低いゴールド電源なら、耐熱85℃でも問題なさそうですが、
やはりコストカットが見られて、耐久性がどうなのかな。

ただ一応3年保証がついてますし、そこは安心感。

保証が切れた後は、コンデンサの交換改造とかしてみてもいいかも。
もちろん自己責任でね。



アマゾンからの配達が梱包されずにむき出しだった:
Amazon販売発送で買ったんですが、いわゆるアマゾンの段ボールには入っておらず、
電源の外装箱にかかるビニール包装の上に、送り状が貼り付けられた状態で届きました。
(ページ一番上の画像に直接貼り付けた状態)

アマゾンで結構買ってますけど、こういう送られ方は初めてでした。
もっと安いのを買ったときでも。
逆にこういう方が配送業者さんも丁寧に扱うのかしらん?



なんかいまいちな感想が目立つように感じますが、
コネクタ数さえちゃんと確認すれば、価格対応比を考えると
満足できる電源だと思います。



比較対象

同じような価格で400Wクラスのゴールド電源では現状、
オウルテックのAURUM S シリーズAS-400
http://www.owltech.co.jp/products/as



が比較対象でしょうか。
デザインは「AS-400」の方がかっこ良い。
SATAコネクタは5つと 「TR2 450W」より1つ多いですが、ケーブルは1本のようで、
同じように接続に悩むかもしれません。

グラボ用のPCIe 6+2Pが2つあるようですが、400W電源でグラボ2つ乗せる人がいるんでしょうか。(最近のグラボだとそうでもないのかな。)


信頼性で言えば「AS-400」の方が高いと思います。
(というか元々1万円ぐらいだったのが、値下がりして近い値段になったわけだから、
それも当然かもしれませんが)

発売は5年前のロングセラー商品で、電源メーカーではある程度定評のある「FSP」製。
その分使用者も多くて、レビューも多く安心感がありますね。



逆にThermaltake TR2 450W V2 GOLD PS-TR2-0450NPCGJP-G-V2
は発売したばかりでまだ人柱感があります。

この先多分、400Wクラスでこれくらいの価格帯のゴールド電源がドンドン出てくると思いますが、その嚆矢(でもないか)の電源として面白い存在ですね。


関連記事
スポンサーサイト



PR
カテゴリー

openclose

広告
最新記事
検索フォーム
プロフィール

ゴマメ

Author:ゴマメ
最近気づいたこと
Steamやブックオフなどで、安いと思って
数百円で買ったゲームほどやらないな。
今になってようやく。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR