夜明け前の

もはや徹夜でゲームをしなくなったな、っと。

DVI端子からリニアPCMでサラウンド

映像出力端子であるDVI-Dからでも5.1chサラウンドができるんだなぁって話。


 うちのグラボRadeon RX 470はもともとマイニング用で、
映像出力端子はDVI-Dのみ。
htx-25hdx-4.jpg



このマイニング用グラボを使えるようにしたのは↓で
MSI Radeon RX 470 MINER 4Gをゲーム用に


 まぁ正味な話、MSI Radeon RX 470 MINER 4Gというかなり特殊なグラボ以外、今どき
ほぼ確実にHDMIが搭載されているんだし、普通はそれを単にAVアンプへ接続すれば良い訳で
以下の事は全くもってニッチな話ですが結構びっくりしたのでメモ。

(そういや最近のAVアンプってDisplayPortで接続できるのかな?)



 このグラボからこれまではDVI-D→HDMI変換アダプタを使ってモニタに繋げ映像のみ出力。
htx-25hdx-5.jpg

変換ケーブルでも1000円ほどで売ってます。






 音声はサウンドカードX-Fi Titanium Pro 「SB-XFT-PA」
アナログ端子へアクティブスピーカーを接続してのサラウンド構築から

最近はAVアンプへ光デジタル接続でのサラウンドという事になっています。



光デジタルケーブルだとPCMでのマルチチャンネル出力ができないので
「Dolby Digital Live」や「DTS Interactive」というリアルタイムエンコード機能でサラウンド。

SB X-Fi Titanium Pro 光デジタル接続で5.1chサラウンド


AVアンプは↑でやったヤマハの「TSS-10」ではなく、
今はなきONKYOの5.1ch対応サラウンドシステム「HTX-25HDX」。


2011年発売のものだが、HDMI1.4が入力3出力1でDolby TrueHDやDTS HD対応が
中古で1万円程度で買えるのでコスパが良い。





 しかしリアルタイムエンコードのDolby Digital Liveなどだと
ちょっと遅延があるのが気になっていたので他の方法がないかと考え、
検索するとDVI-D→HDMI変換で音声が出るとあり

試しに

Radeon RX 470→DVI-D/HDMI変換アダプタ→HTX-25HDX→モニタ

という接続をしてみました。






 するとWindowsのサウンド設定でAVアンプのHTX-25HDXが選択肢として現れており、
htx-25hdx-8.jpg

それを選択し、「規定のデバイス」に。



 下の方の「サウンドの詳細設定」をクリックし、HTX-25HDXの「プロパティ」を開き
htx-25hdx-3.jpg


「サポートされている形式」タブを見ると、
htx-25hdx-1.jpg

対応エンコード形式にDolby TrueHDやDTS-HD
があるが、これは、AVアンプ側の対応形式のよう。

つまり、接続したアンプのサンプルレートやドルビー、DTS対応とマッチしていれば接続に問題ないと思う。




 HTX-25HDXの「構成」を開き、オーディオチャネルを「5.1サラウンド」に選択。
htx-25hdx-2.jpg

テストで音が出るか確認。

出ない場合やステレオしか選択肢がない場合、一度Windowsの再起動をしてみるといいかも。

それと、アンプのサラウンドスピーカーが有効になっているかも確認。








 ゲームやDVDで確認すると、ちゃんと5.1chでサラウンドになっている。

音質的には光デジタル接続から特に良くなったとも悪くなったとも感じない。
遅延はない模様。



 HTX-25HDXの表示を見てみると、アンプにはマルチチャンネルPCM 5.1chとして入力されているみたい。
つまり、ニンテンドー スイッチなどで言う、「リニアPCM 5.1ch」っていうことか。
htx-25hdx-7.jpg




 なお、「Dolby Atmos for Home Theater」や、「ホームシアター用 DTS:X」という
選択肢もありますが、これを有効にするらしい
Dolby AccessやDTS Sound UnboundというアプリをMicrosoft Storeからインストールしてみましたが、
「テストトーンの再生に失敗しました」と出て音は出ず。
htx-25hdx-10.jpg

多分AVアンプで対応してないから音が出ないのだと思いますがどうだろう。




 映像出力のみと思っていたDVI-D端子からでも
5.1chサラウンド音声が出てたっていうのは結構驚きでした。

今回接続したHTX-25HDXは5.1chアンプですが、7.1ch対応アンプに接続すれば
リニアPCM 7.1chで出力できるのだろうか?


グラボによって違うのかもしれないが
(というか試したのが特殊なマイニング用なのでそもそも普通のと違う)
まぁ面白い発見だったなと。


以上。


PS5もようやく普通に手に入るようになりましたね。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Ad
カテゴリー

openclose

広告
最新記事
検索フォーム
プロフィール

ゴマメ

Author:ゴマメ
最近気づいたこと
Steamやブックオフなどで、安いと思って
数百円で買ったゲームほどやらないな。
今になってようやく。

広告
カウンタ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR